エタニ電機|音響用測定機とデジタル信号処理装置の開発・製造

S-265 音響性能分析装置

  1. トップ
  2. 製品情報
  3. S-265 音響性能分析装置

ハイレゾ再生に対応した広帯域・高ダイナミックレンジのデータを
様々な切り口で測定でき、設計/開発の実務を広くサポートします。

s-265

S-265の特長

  • 220kHz/24bitの高精度信号処理により、広帯域・高ダイナミンクレンジな測定環境を実現しました。
  • 基本測定メニューの充実とオプションソフトにより、設計現場の様々な要求に対応します。
  • 一回の測定で5種類の周波数特性(オプション:9種類まで)と3種類のデータを同時に測定でき、実験時間をより有効にします。

S-265でできる測定

S-265音響分析装置は、スピーカやマイクロホンの基準となる測定システムとして、最高の性能と機能を追求して作られました。

  1. 音圧周波数特性
  2. 全高調波歪・2nd,3rd高調波歪
  3. インピーダンス周波数特性
  4. 位相周波数特性
  5. 感度(So)
  6. インピーダンス(Zo)
  7. 最低共振周波数(fo)

一回の測定で5種類(オプション:9種類)の周波数特性と3種類のデータを同時に測定できます。

S-265のシステム

基本システム図

測定部は、20W 出力型は1筐体,50W と 100W 出力型は計測用本体とパワーアンプの2筐体です。
PCやマイクロホン、無響室などの測定環境とともに全体が構成されます。パソコンには、ソフ トウェアがインストールされます。

その他の機能(オプション)

スピーカ測定用ソフトウエア

  • スイープ周波数特性
  • スポットスイープ(ステップバイステップスイープ)法測定
  • ハイ・インピーダンス測定
  • 消防法による規定(ピンクノイズ)による音圧・警報音感度測定ソフト+ハードのセット
  • THD測定(50次まで分析可能)
  • THDスポット周波数特性
  • オクターブバンドノイズ測定
  • インパルス応答特性・分析(FFT)付き
  • トーンバースト測定
  • パワーリニアリティ測定(スイープに組込)
  • 短時間パワーリニアリティ測定
  • IMC周波数特性
  • IMCスポット周波数特性
  • 累積2π指向特性
  • H-2測定
  • CW-IMC測定
  • コンビ測定:f0π様式
  • 統計計算処理
  • データベース自動記録
  • 報告書自動作成(計画中)
  • データサーバ・ビュワー
  • DXF出力
  • ASCⅡデータ出力
  • 自動測定・検査・判定機能
  • グラフ印刷

マイクロホン測定用ソフトウエア

  • スイープ周波数特性(0度・90度・180度)・近接周波数特性
  • 自己ノイズ測定
  • ノイズ特性(固有雑音・誘導雑音・風雑音用)
  • マイク測定データ処理
  • 統合化・自動順次測定
  • 指向性パターン測定(ターンテーブル制御含む)

S-265測定画面の一例

製品情報一覧に戻る